2月10日~13日のDODA転職フェアに行ってきました!

スポンサーリンク

自宅で転職サイトばかり見ていては事が進まないと思い、2月13日に水道橋の東京ドームプリズムホールで開催されたDODA転職フェアに行ってきました。

転職フェアといえば、引きこもりのオタッキーみたいな人がたくさんいるのかなと思い恐る恐る行きましたが、真逆で転職を機会に年収アップしてやろうという活きの良い人たちや、スキンヘッド二人組の営業職狙いという怪しい人たちも参加していました。

私は事前にスカウトメールが来ていた会社に訪問して20分くらいお話を聞きましたが、面談というよりは会社説明という感じでパンフレットをもらっただけでした。

総務の人と話をできたのは良かったですが、それ以外の特別なお話は聞けませんでした。

でも、もし採用が決まった時に事前に会ったことがある人がいるということは心強いですよね。

なので行かないよりは行った方が良かったです。

その他、転職エージェントを通じてお話を聞いている会社も出展していたのでこちらも話を聞いてきました。

やはり、その会社で実際に働いている方と面接前に事前に触れあえるということは良いことです。

その他、出展者の方から声をかけられ次々と対象企業の話を聞いてきました。

事前に履歴書のレジュメが登録してあるので、それをカードキーで面談の際に読み込んで登録するのですが、後日人事の方から面接の案内が届くというシステムで、ただ単純に転職サイトから応募するよりは良いと思いました。

実際、私もそこで運命的な出会いがあり、出展者の方と意気投合し、採用責任者もその場に居合わせて話が盛り上がり、その場で面談のアポイントが決まりました。

image2

もし迷われている方がいましたら、次回からは絶対に参加することをお勧めします。

ただ、出展者の呼び込みのお姉さんに話だけでも聞いてくださいと言われて席に座ったものの、担当者から何でうちに来たの?みたいな明らかに見下す態度をされた会社が一社だけありました。

私は、「お前の会社の受付が是非聞いてくれっていったんだよ!」と言ってやりたかったですが、話もそこそこで早めに切り上げました。

そうしたことから、やみくもに話を聞くのは辞めるべきですね。当たり前ですが。

企業訪問して話を聞くと、シールと来訪証明のカードがもらえるのですが、それを集めるとAmazonのギフトカードがもらえたり抽選会に参加することができるので、企業訪問して説明を聞くのは意味があるのですが、程々にしないと嫌な目にも合うということです(笑)

私は最終的にはAmazonギフトカード1,000円分ゲットすることができました。

ガラガラ抽選会は、当たっている人が見たことないくらい空クジだらけで、5回抽選しても卓上カレンダー1つというショボさでした。

さぁ、昨日の転職フェア参加と転職エージェントからの代理応募、そして自らの転職サイトの乱れ打ち応募でたくさん応募してしまいましたが、来週から面接ラッシュになるのか、書類選考落ちまくりで暇な週になるのか、今からとても楽しみです(笑)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加