祝内定!頼るべきは転職エージェント!

スポンサーリンク

三ヶ月間の就職活動の結果、無事内定が出ました。

決まるときは速攻で決まるものですね。

転職サイトはリクナビNEXT、マイナビ転職、エン転職、DODA、@type、はたらいくにジョブセンスリンクに登録して転職活動をしてきたわけですが、来るは来るはのスカウトメール。

スカウトメールに反応して応募してみたものの、採用担当者から「何でうちに応募したんですか?」

みたいなアホなやりとりを何度もしながら屈辱をバネに変えて頑張ってきました。

スカウトメールメール送って来たのはお前の方だろう!

と何度も思いつつ、殆どはサイトの自動送信メールであったというふざけたお話でした。

その経験の中で、最も早く良い条件で転職をするなら、転職エージェントのスカウトが一番良いという結論に至りました。

40代ならなおさらです。

転職エージェントもいろいろですが、若造のエージェントは相手にしない方がいいです。

人生経験もなければエージェントとしてのキャリアも少ない。

あるのは、自分のノルマ達成の欲望だけ。

転職エージェントの会社でも、実力のある人達の精鋭集団みたいな会社だと、エージェントの人脈などで企業との深いパイプがあり、いち早く転職先が見つかる可能性大です。

私はそうでした。

転職エージェントのパイプで、欲しい人材を企業の依頼を受け転職サイトでスカウトしています。

エージェントと面談する際に送った履歴書・職務経歴書をもとに、該当企業にこういう人がいるという報告がされます。

該当企業が是非その人と会いたいとなれば、エージェントが面談中に是非面接だけでもお願いしますと猛プッシュされます。(普通のサイトで応募すればこちらからお願いするのでこんな展開にはなりませんからね。)

私の場合は、面接を希望したら、その場で相手企業とアポをとってくれました。

面接にエージェントも同行してくれます。

面接では、役員と話が盛り上がり、長時間話し込むことになりその場で内定をもらいました。

image3
しかも待遇も良く、最初からこんなにもらっていいのかなという給与額でした。

給与日まではまだ時間がありますが、これでお金の心配がなくなるので一安心です。

しかし、サラリーマンはいいですね。

必ず毎月給与がもらえるんですから。

社長だと、売上げをつくらないとお金に困るし、社会保険の固定費も家賃もかかるし、お金が出ていくばかりです。

ということで転職に悩んでいる皆さま!

求人サイトは賢く使いましょうね!笑

私の場合は、こんな感じで良い転職エージェントに出会いましたが、殆どが使い物にならないエージェントばかりでした。

転職エージェントは、ある程度年齢が重ねられた方。

そしてそのエージェントのプロフィールを見ればできる人かできない人かすぐ分かります。

なんでその転職エージェント会社に流れ着いたのか。

その転職エージェント会社はどういう人材を集めているのか。

これがカギですね。

相手をじっくり分析してみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加