信じていたハローワークが一番駄目だった!

スポンサーリンク

転職活動して3ヶ月、転職サイトはリクナビNEXT、マイナビ転職、エン転職、DODA、@type、はたらいくにジョブセンスリンクを活用してきました。

そして、途中からハローワークにも通い、手厚いサービスに感動しハローワークが一番だ
!とブログに書いたこともありました。

しかし、3ヶ月転職活動してようやく気付いたことがあります。

それは、ハローワークが一番転職に結び付かないということです!

それはなぜか。

やりとりが面倒くさい。

まず、いちいちハローワークに行って紹介状をもらって、企業に履歴書・職務経歴書を郵送しなくてはならないのが大変なんです。

image1
転職サイトは、WEB上に履歴書と職務経歴書を登録しておけば、気に入った企業があればすぐに応募できて、企業とのやりとりもスムーズ。

つまり、ハローワークに通っている人はそれら転職サイトをうまく扱えない人が多い。

ハローワークには良い人材が来ないと判断した企業は少しでも優秀な人が欲しいので、転職サイトにどんどん求人広告を出す。

ハローワークに求人を出す企業は採用活動にお金をかけたくないところが多い。

転職サイトを利用するのにはお金がかかるから。

結論として、ハローワークには良い求人もなければ良い人材も来ない。

ハローワークを利用して一番良かったこと。

それは、履歴書・職務経歴書の指導をしてもらったこと。

これはかなり良かったですね。

多くの求人を扱ってきただけあるベテランの方の添削や、企業側の目として見てくれるので利用価値ありです。

このように、転職サイトとハローワークをうまく使い分けるのが一番うまいやり方です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加