自分の価値を下げると大損する

スポンサーリンク

ホームページ制作者を例にとって解説します。

ホームページ制作を職業としている人、副業としている人、法人・個人は全国にかなりの数で存在します。

あまり知識がなく、勉強のために金額設定を安くして受注している人。デザインに燃えている人。いろいろです。

そして今、価格崩壊がおきています。

価格崩壊の原因となっているのが、マッチングサイトや仕事オークションの存在です。

マッチングサイトでは、ホームページ制作の案件が毎日のように登録されていきます。

こんなに案件があるのに、普通にホームページを開設して、ホームページつくります!なんてやっても殆ど仕事がとれません。とれるわけがないです。

お客さんは皆マッチングサイトを利用しているわけですから。

171520

業者にホームページ作ってくださいというより、マッチングサイトに掲載して、ホームページを作らせて下さいと言わせた方がいいのですから。

このマッチングサイトに登録している案件は、かなり厳しい内容のものばかりです。要求は大きく、金額は安い。

その上、デザインサンプルを要求しているものもあり、なおかつ会社に打合せに来れる人限定なんていうのもあります。

そして、あげくのはてに机上の理論ではなく、結果の出るホームページという要求がきっちり書いてあったりします。

それで本当にいいものができるのでしょうか?

自分でホームページを制作しない人は分からないかもしれないですが、クライアントが喜ぶホームページを作るためには、かなりの労力が必要です。

そして、結構多いのが、普通のホームページ制作業者が仕事を受注して、マッチングサイトを利用して激安で制作させて、高額の利益を得るというパターンもあります。

つまり、同業者同士で叩き合っているわけです。

仕事が入ったらお互い様的に、オークションにかけまくって利益を得ているようにも見て取れます。

安い金額で掲載しても、入札する方はかなりの人数でいます。個人の方がダントツ多いですが。

どんなに安くても、どんな案件でも、とりあえず全部に入札するというのが通例になっていたります。

ですので、案件さえあればかなりの業者が安価で入札してきます。

価格崩壊です。

もう、ホームページ制作の世界は、別の視点から見れば、価格うんぬんではないです。

つくればいい、つくれればいいの世界です。

仕事とれればいいという感覚で、安い値段で、入札しまくれば入札しまくる程、自分で自分の価値を落としているということに誰も気づいていません。

そのようにして自分の価値を落としまくって安価で入札したしころで、その結果、どれほどの人が受注しているのでしょうか。

そして意外なことに、案件を掲載したクライアントは、入札者を選んでコンタントをとって、仕事を発注するわけですが、普通の値段で発注したりしていることも結構あります。

結局、意味がないんです。

つまりどんな案件でも、クライアントの意向や、案件の詳細を聞かないと正式な見積もりなんて出せないし、完成するまでに、いろいろ変わってくるので完璧な見積もりなんて出せないんです。

だから、後で金額が変わってもいいのでとりあえず入札しておくという感覚の人も多いです。

連絡をもらうために安価で入札している人もいるわけです。

どうでしょうか。このようなやり方で、労力を使うより、自分の価値を上げた方がいいと思いませんか?

こういった話をある人から聞きました。

その方は、海外に向かう途中の飛行機の中で、たまたま隣に座った会社の社長の方と仕事の話になり、こう言われたそうです。

「客に選ばれる時代だからこそ、客を選ばなくてはならない」と。

まさにこの通りですね。

安い仕事や、誰からでも仕事を請ける体制だとロクな結果になりません。

こちらがサポートすることで双方が成長する。

これが一番です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加