誰もが陥る錯覚

スポンサーリンク

みなさん誰でもネットビジネスでホームページを開設するときは、自分でホームページを作って公開したいと考えるはずです。

しかし、それができる人もいますし、できない人もいます。

できる人は試行錯誤し、それなりのホームページが完成します。

できない人は、業者のいいなりのまま高額なホームページ制作代金を支払ってホームページを開設します。

さて、例えばそのホームページが同じ中身だった場合、どちらの商品が売れて効果があるのでしょうか!?

業者に頼んだほう!と答える方が多いと思いますが、答えはどちらも殆ど変わらないです。

そして、自分でホームページ開設した人は自分で作ったホームページなので、情報もリアルタイムで更新できますが、業者に依頼した人はその都度業者に依頼しなくてはなりません。

依頼された業者も、言われてすぐ更新するわけではないのでどんどん遅れてしまいます。

まして更新依頼するたびに、お金がかかってしまいます。

そうするとどういった現象がおこるでしょうか?

自分で作った場合は、デザインはさほどでもないが情報がどんどん更新されていくし、どんどん勉強になる。

業者に頼んだ方は、更新依頼してもすぐには更新されないし、依頼するたびにお金がかかる。

商品の売上げが変わらなかった場合、どちらがいいのでしょうか?

商品の売上げが変わらないんだからどちらでもいいだろう。

と思うかも知れませんが、お金を多く使っているのは業者に頼んだほうです。

まして、自分でやったほうは、次々といろいろなページを作り、更新しては様々な企画をやって常にスキルアップしていきます。

商品が売れないと悩んでいる方も多いと思います。

ホームページのデザインが悪いから。という声をたくさんききますが、これもデザインのせいではないんです。

売り方が悪いから売れないのです。

それは何を証拠にそんなことを言っているのか。

それを身をもって体験して言っているのです。

3c5be0e2b1e10621bb33eb9e047186f4_s

私自身、プロのWEBデザイナーではありません。

過去に何度もホームページを立ち上げた経験がありますが、私の場合はプロデューサーとして、全国の有能なスタッフとともにホームページをプロデュースします。

しかし、実験の意味であるサイトは、自分でホームページを作って公開しています。
ですので、それなりのデザインのホームページになっています。

最初にホームページをオープンさせたのは、内容もシンプルでしたがホームページ制作期間はたったの3日です。

これをデザイナーに頼んでいると二週間とか、一ヶ月とかの期間になり、原稿がないとできないとか、資料がないとできないとかそういう話になります。

自作のホームページは、当初のオープンよりは内容も多くなり、常に進化していました。

殆ど毎日のように更新していましたので、ホームページを開設して間もないにもかかわらずメールマガジンの読者も会員も続々増えていきましたし、企画をする度にたくさんのメッセージをいただきました。

結論としては、何もわからないうちにいきなりホームページ制作業者に依頼して立派なホームページを作っても効果がない。

自作でホームページを公開していろいろ試行錯誤できるような行動力もしくは力量のある人でなければ、ネットビジネスは成功しないということです。

当たり前ですよね。

ホームページはデザインが全てじゃないんです!中身なんです!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加