事業計画書なんて意味がない

スポンサーリンク

これからインターネットビジネスを始める社長さんや、始めたばかりの社長さんで多いのが、一般の会社運営と同じような考え方でネットビジネスを話される方です。

ホームページを運営する際、事業として考えれば、、、毎月いくらの利益が上がって、、、費用対効果が、、、などの事業計画書などがないと投資できないという社長さんが多々おられます。

確かに一般論からすればそういう考えも重要かも知れませんが、インターネットビジネスの場合、いくら立派な収益計画を立てても、その通りになんか行きません。

その通りに行ったら誰も苦労しないです。

eaa76b2b27fe01fb9ac2cfce97d0ac25_s

これだけたくさんのホームページを運営している会社や個人の方がいて、最初から計画通りにうまく行ってます!なんていうホームページがあるでしょうか?

改善を重ねていくうちに、その会社に一番合う仕組みが分かり、そこで計画的に資金投下していくところが殆どではないかと思います。

みんながみんな、いかに有益な情報がないかと様々なホームページで情報を求めています。

検索エンジンでの検索、ホームページからのリンク、メールマガジンの購読から、掲示板での意見交換、書店での雑誌購入など、何かいい情報がないかと模索しているはずです。

そうしているのは、まだインターネットを始めたばかりの方とか、個人の方、小さな会社の方ばかりだと思っているかも知れませんが、大きな会社の方も同じく情報を求めています。

そういう人たちが皆、無計画でやっているかといえば、そうではないはずです。

それなりの計画は立てているはすですよね。

しかし、その通りにはいかないから、何か効果的なのか、何がいいのかと四苦八苦しているのです。

ですので、最初から事業計画書などと完璧なものをつくるより失敗しながらでもいいから売り方を知る。

これが一番大事なんです。

会社の経営者自身が、部下に対して、利益がでる計画書を出させて「そのとおりに行くのならやる」では、成功するはずがありません。

まず、自分自身がインターネットについてよく勉強しなくてはなりません。

この姿勢が、とても大切です。

成功しない企業の多くに、自分でインターネットを勉強しないで、こうするべきだと自分の固定観念を現場に考えを押し付け、

知識がある人に対して、「そういう考えは通用しないよ」なんていう方がおりますが、逆に
その考え方こそが通用しないのです。

つまり何が言いたいのかといいますと、あれこれ完璧に準備できてからじゃないとネットビジネスをしない!

ということではなく、見切り発車でもどんどん挑戦していきましょうよ!ということです。

自己破産するお前が言うな!

と思ったあなた!笑

だからこそわかることがあるんですよ。

ちなみに私の場合は、ビジネスで失敗して破産の道を選んだわけではないのですよ。

一言でいえば、「長い人生のための計画的な仕切り直し」と言ったところですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加