面接で落ちた会社から一カ月ぶりに連絡が!

スポンサーリンク

面接で落ちた会社から一ヶ月ぶりに連絡がありました。

しかもメールで。

不採用の会社からのメールなので見た瞬間、「はぁ?」って思いますよね。

スマホでメールを見たと同時に、すっ転びそうになりましたよ。

image
内容は、採用予定の人がドタキャンしたから、まだ転職活動中もしくは応募の意思があるならまた面接に来てくれのこと。

おいおいおいおい~

ドタキャンされた会社に面接行くの~?

しかも、不採用にしておいてよくそんなメールよこしたな。

不採用の時に履歴書・職務経歴書の情報は破棄することになっていたのに、一ヶ月近くたってからメールよこしたということは、まだ持ってやがったな。

怖ぇ~!

とは言いつつも、一度面接した上での再度の連絡は、そもそも不採用になるような人には送ってこないに違いない。

95%は採用だろうという気持ちになり、一時間かけて再度の面接に行ってきました。

面接時には、再度の連絡でお詫びをいただき、話が盛り上がったところで待遇は前回の条件より下げたいとのこと。

40過ぎた人間が大卒初任給程度の金額掲示。

儲かったら随時昇給だから最初は力を貸してほしいとのこと。

私の心の中は、「破産するのに、その金額では夢も希望もないどころか赤字になる」

「でも、そぐに結果を出せば昇給になる」

と自問自答を繰り返していました。

そんなこんなで面接が終わり、結果は一週間後に連絡するという。

採用間違いなしの感触だけどどうしよっかなぁー。

でも条件が最低なので、引き続き良い求人があれば応募しながら面接の結果を待ちました。

それから一週間たっても連絡なし。

10日たっても連絡なし。

この時点で舐められていると思い、採用が出ても行く気なし。

この話も忘れかけていた2週間後にやっと連絡が来ました。

結果は不採用。

なめとんのかい!!

理由は、「こんな安い給料でお願いするわけにはいかないとのこと」

そんなの最初から分っていて頼んでいたでしょうあなた。

さらに、今後は転職サイト経由ではなくハローワークで求人を募るとのこと。

補助金か何か出るんでしょーかねー?

だったら最初からハローワークに求人出せよー!

交通費返せ―!

しかし、こんな嘘のような本当の話があるんですね。

その会社が今後、どんなビジネス展開をしていくのか、今からとても楽しみです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加